top of page

足を守り育む「ただしい靴のはき方」

こんにちは!



足からの子育て情報をお届け。


5歳むすこ2歳むすめのパパをやっております


足育アドバイザー©︎のアワジユキオです。



+++



寒い冬もそろそろ終わりが見えてきましたね!


僕が暮らす秋田県秋田市では


雪も減り道路が見えるようになってきました。


そろそろ冬靴とはさよならして


スニーカーなど普段靴の出番がきそうです。




という訳で今回は


子どもたちの足を守り育むために大切な


「ただしい靴のはき方」をお届けします。


これはお子さんの年齢によっては


「ただしい靴のはかせ方」でもあります。




指の変形、タコ、魚の目、巻き爪、などなど。


足トラブルの多くは


靴の中で足の位置が動いてしまう「前すべり」が原因。


でもこの厄介な前すべりは


これからご紹介する靴のはき方で予防できます。



+++



【 ただしい靴のはき方 】


1、靴を履くときはきちんと座り

2、靴の中に足を入れたらかかとをトントン

3、最後はベルトをギュッととめる


以上です!とってもかんたん!



こちらを実践している方は


この先を読む必要はありません。


でも、えー?どういうこと?って思われた方や


もう少し詳しく知りたい方がいるかもなので


それぞれの工程を解説していきますね。


習慣化するためのアイデアもご紹介します♪



+++



1、靴を履くときはきちんと座る


立ったまま靴に足をつっこみ

靴を半分踏んで歩きながら足を押し込んで

最後に爪先をトントン!


これ、本当にやめた方がいいです。


癖になったら最悪です。


簡単にはけるということは


簡単に脱げるということ。


足の固定がまったくされてませんから


足が動いて指が靴の先端においやられ


圧迫されて変形したり


タコや魚の目、巻き爪のリスクが増します。


靴をはく時はきちんと座る。


この後の工程のためにも


まず座ることが大切です♪





2、かかとをトントン

きちんと座ったら靴の中に足をいれ


かるくかかとをトントン!


こうすることで


靴のかかとと足のかかとをフィットさせます。


このフィットしている状態がとっても大事。


この状態を維持することで


靴の足を守る機能が最大限に発揮されます。




3、ベルトをギュッ


フィットさせたら


履き口やベロの部分を整えてから


ベルトをギュッととめます。


甲の高い部分をベルトで押さえると


足は靴と一体化して動きません。


これで前すべりを防ぐことができます♪



+++



ただしい靴のはき方を

子どものうちに習慣化するためのアイデア



足トラブルを防ぐただしいはき方。


これは継続することに意味があります。


まだ小さい子であれば大人が靴をはかせますが


自分ではけるようになってやめてしまうと


いずれはつらい足のトラブルに・・・。


これを防ぐためには習慣化!


ただしいはき方を当たり前にしてしまえば良いのです。



さてその方法は


「大人もただしい靴のはき方を実践する」こと!



子どもにやりなさいと言いながら


大人がしていなければ子どもはしませんよね。


そして子どもはマネっこの天才!


家族みんなで実践すれば


家族みんなの足を守りながら習慣化も達成できます。


ベルトの大人靴はあまり見ませんが


紐をきちんと結ぶことで同じ効果が得られます。



足トラブルを防ぐ合言葉

「かかとトントン ベルトでギュッ!」



いかがでしたでしょうか?


靴のはき方は以前も取り上げていますが


これは足育にとって本当に大切なこと。


「もうわかったよー!」ってくらい


何度もなんどもお伝えしていきますね。



足からの子育て情報、


どなたかのお役に立てたなら幸いです!



+++



足育通信のめんこいイラストを描いてくださっている「そふとめん」さんのHPはコチラ


Comentários


癒家よしなに。

秋田県秋田市広面字広面194-7

営業時間:AM9:00-PM8:00

定休日:水曜日

電話番号:018-811-1435

当店は完全予約制です。

事前にお電話にてご連絡ください。

bottom of page