足をまもり育む正しい靴のはき方



靴を履くときはきちんと座り


靴の中に足を入れたらかかとをトントン!


足のかかとと靴のかかとを合わせます。


この状態で足を固定するために


今度はベルトをぎゅ!


こうすることで、足と靴がぴたっと密着。


柔らかく変形しやすい子どもの足が守られます。


子どもは大人の真似っこが大好き!


この正しい靴の履き方は


親子で一緒に実践してみてください。







靴をきちんと履かないと


足にさまざまなトラブルが現れます。


たとえば、


・外反母趾

・内反小趾

・開張足

・扁平足

・屈みゆび

・浮ゆび

・タコやウオノメ

・爪割れ

などなど。



いま小学生の七割は


なんらかの足トラブルを抱えているといわれています。


「しゃがめない子どもが増えている」


なんてニュースを目にした方も多いのではないでしょうか。



足は体の土台です。


足トラブルは足のみならず、


体や、成長発達にも影響します。



ぜひ子ども達の足に


愛情と興味関心をよせてあげてくださいね😊




+++


うちの子、なんだか足トラブルを抱えてるような・・・。


なんて時はぜひ一度ご相談ください。特にスポーツを頑張っている子や、ご両親が足にトラブルを抱えている子の足は痛みやすい傾向にあります。成長過程の子どもの足は、知識を得てきちんと対処すればトラブルを回避できますし、もしトラブルを抱えていても解決に導くことができます。


子どもの足と靴のカウンセリング


+++



癒家よしなに。

秋田県秋田市広面字広面194-7

営業時間:AM9:00-PM8:00

定休日:水曜日

電話番号:018-811-1435

当店は完全予約制です。

事前にお電話にてご連絡ください。